2012年01月13日

『3月のライオン』第1巻 羽海野チカ

ども、うぱぱーです(´・ω・`)

今回紹介するのは、前回と打って変わってお気に入りのマンガ作品を!

513ccnapu9l.jpg


作者の羽海野先生は、『ハチミツとクローバー』や『東のエデン』で有名でしょうか?
(私はハチクロは呼んだことはないのですが…)

さて、この作品は高校生プロ棋士(将棋ですね)の桐山零の成長とその周りの人々の出来事を描いたことを描いた作品です。

あまり、詳しく書けないのがもどかしいのですが、作品紹介だけだとごく普通に日常を描いた作品ですよね。

しかし…とにかく内容が濃い!メッセージ性が強い!(`・ω・´)

主人公の桐山君は、若いころから将棋の道を選び、その結果たくさんのものを失ってきたという設定です。
1巻で語られるのは、桐山君の生活、また隣人の川本家や、ライバルの二階堂君とのかかわりなどがメインなのですが、その1ページ1ページが桐山君の心情を表わすかのようなものになっています。

具体的な1例を挙げますと、桐山君は高校生でプロ棋士として生計を立て、親元を離れ一人で生活しています。

もちろんこれだけでもなかなかできるものではありませんが、これを自分の今の生活と比べると…自分がどのように成長したか、どういう生活を送っていたのかなど、考えてしまう一幕であります。
(実際にそういうことを語るシーンもあります。)

桐山君がこの先どのような生活を送るのか、肉体ではなく心がどのように成長していくのか…先が気になる第1巻です!
【関連する記事】
posted by ウパー at 01:31| Comment(0) | 本紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。